料理を作っていて、感動してもらう

っていうことが、私は何より大切で嬉しいことなんです。

では、感動してもらうには何が必要なのか。

 

感動は感動した者にしか伝えられないように思います。

私が感動したから、その感動を他の方にも味わってもらいたい、

感じてもらいたい、そう願うことから始まると。

 

ご馳走 ってなにも高級な食材を使って作るものをいうのではないですよね。

凝った料理ってわけでもない。

押し付けてもいけない。

 

 

どうしてこんなことを書きたくなったのか

 

 

ここ最近、大変有名なお店に行かせていただくことが

続いておりまして、そこでいただくお料理に

自分が 感動 しているのだろうか?

とふと思ったからなのであります。

 

お高い料理だから感動するということでも

やはりないのですよね。

なんだろう、作り手の 気持ち が伝わってこない気がして

ならないのです。

 

どうだ〜おいしいだろ〜!!

 

そんな勢いのような、すごみ が感じられない。

 

料理の先に、作り手の熱い想いが乗っかっていないと

なんだかこちらと心がつながらないのです。

 

 

そんな事を思うにつけ、自分が料理をお出しすることの

大事な 核 をもう一度再確認するのであります。

 

 

みなさん、お料理を食べに行って、おいしい!と

心から感じたなら、そのお店の方に直接伝えませんか??

 

美味しかったよ!

お箸の袋でもいい 「おいしかったです」

 

 

お店にとってこの一番の ご馳走 が

未来の おいしい! につながっていくんだと

そう思えてならないのです。

 

 

おいしい! を未来へ〜

 

 

 

福森道歩

 

 

 

 

土曜日は伊賀焼の組合で合同で焚く穴窯の

窯詰めをいたしました。

 

ひと窯元につき、30僂らいの作品2個

 

と決まっているのですが、や〜世の中には

したたか(漢字で書くと 強か)まさに 強い

精神の持ち主がいてはるものです。

 

80僉60×2、30×5

 

これらを一人が全部いれちゃうんですもの・・・・

 

 

や〜、まわりからの非難(というか、からかいかな)はものすごいものだったのですが

そんなのどこ吹く風〜

といったところ。

 

う、う、うらやましい・・・・。

そんな太い神経が欲しい。。。

たまにそう思う。

 

不平等やらなんやらうだうだいうても、

入れて焼いてもらえばこっちのもんですよ、実際。

嫌われようがそんなもん、知ったこっちゃない。

結果が結び付けばそれでよい時もあるんだよな〜。

 

生まれつきの小心者にはなかなかにハードルは高いのですが

追求するもののために、ここはどんなことがあっても

押し通す、やり遂げる、そんな確固たる信念で持って

向かい合っていない自分が不甲斐ない・・・・。

 

 

人に迷惑はかけたくないですが、

目先のずーーーっと先にある そこ

に向かって、今やるべきことをやるしかないよね〜。

 

やらなきゃやらなきゃ言うてるんなら、やれ!じぶん!!

 

喝!喝!!喝!!!

 

 

であります。

 

 

 

 

福森道歩

一月が去っていきます。

早いなぁ〜しかし・・・。

月日が流れるのは本当に早い。

アっちゅう間に1/12が終わっちゃったよ。

 

 

昨年からご注文を頂いております土鍋が、なかなか皆様のお手元に

届かず、やきもきされていることと存じます。

大変申し訳ございません。

大きな鍋を作れる職人が一人しかおらず、コツコツ毎日作っておりますが

全然間に合いません。

大物を作るまでには大変な年月がかかります。

それと、やはり女の私では太刀打ちできない、男の人の ちから の違いに

いつも羨ましさを覚えます。

何をするにも、男性の ちから っていうのは本当に凄いなぁと

大きなものを作ったり、運んだりするたびに思います。

なんでも女性の20歳代くらいの力と男性の80歳の力と同じくらいだと

いつかのテレビで言ってたのを思い出しても、

やはりスゴイ差なんだと改めて思うのであります。

 

 

そうそう、土鍋ですよ、土鍋!!

これを作れるようになるのに本当に時間がかかります。

今の若手に大変期待をしております。

 

人を育てるのもお仕事。

人を育てるにはまず自分が育たなければ・・・。

 

日々精進でございます。

 

 

 

福森道歩

や〜今年は新年会の多いこと・・・・。

 

昨日も、といいますか、今朝の三時半まで呑んでまして・・・・。

少々二日酔いでございます。

 

 

幼馴染と友達と数人でワイワイとやったのですが、

古い付き合いなので、みな言いたい放題〜

もう、殴り合い寸前な場面も頑張る

私じゃないのよ!!私はもうその時代は終わったのです照れ

 

 

まぁ思ったことを言い合える仲間がいるというのは

本当に有り難いことですね。

(あ、私ってばいつでも好きな事言いたい放題だわあっかんべー

 

みなそれぞれに一生懸命!!

 

それでいいのだ!手

 

 

 

 

福森道歩

 

年末、あんな目に遭いまして、さすがのわたくしも

しばらくは、牡蠣を控えようと思っていましたら

先日、赤穂の方に、「こっちの牡蠣は大丈夫!一年ものだから」

などと言われ、ぜひ食べてと牡蠣が送られてきました・・・。

 

や、食べたいよ!食べたい気持ちでいっぱいなのよ!!

でも、でもでもほんとーーーーーに悔しいけれど

どうにもこうにもあの記憶がまだ鮮明に残っている今、

それを食べることが出来ませんでした。

 

代わりに食べてくれたお友達や父はそれはそれはうまい!

今までで一番うまかった!と大絶賛。

 

 

ああ、本当に食べたかったな〜。

次食べるなら、金曜日の夜にして土日に何かあっても大丈夫な

スケジュールで挑戦してみようかしら・・・・。

 

そこまでするか??

 

 

しかし、どうなんだろ??

牡蠣に当たるってのは、いつもなのか?体調の悪い免疫力が落ちてるときなのか??

当たらない時もあるってことは、アレルギーではないんじゃないのかしら??

 

どーゆーことなんだろう??と自分の体の反応に興味津々なんですが、

実験する勇気もなかなか出せず・・・。

 

 

痩せたいときにやってみるか〜!(笑)

 

 

牡蠣よ、私と仲良うしよやないかーい!!

 

 

 

 

福森道歩

 

 


土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other