なんのこっちゃい!

 

ハロウィンて、そんなに根付いてるの??

 

 

10月も最後の日、ええ天気ですわ〜。

 

 

やらなきゃいけないことが、津波のように押し寄せてきて

少々へばっております・・・。

 

今朝は朝から陶芸教室に行ってきまして、今帰ってきました。

これからメールのチェックやらなんやらで時間が取られ、

今日引いておかなければ納期に間に合わない皿があり、

3日にはお茶会を主宰し、と、それはそれはタイトなのであります・・・。

 

 

まぁあれですよ、やれるだけの事をやって、どこまでやれるか

ってやつですよね。

 

からだよ、今しばらく持っておくれ。

 

 

今倒れたら、悔いばかりが残ってそれこそ、化けてでてやるぅぅぅ〜。

 

 

あ、ハロウィンと繋がったね(笑)!

 

 

 

福森道歩

なんと、もう月曜日ではあーりませんか!

 

おはようございます。

 

土曜日は仕事をし、日曜日は朝から

書道教室と昼から京都にお茶のお稽古に行って来やした。

あ、そんで夜に呼び出されて地元のイベントに陶器まつりのチラシを配りに

行ってきました〜。(ほぼ飲んでたけど・・・・)

 

書道教室は今年から始めておりまして、まだ5回目くらいなのですが

近所の友達の家に京都から先生がお越しくださって

楷書とかなもじを教えてくださいます。

 

楷書は太い筆で、昔やったお正月の書初めみたいな感じで

どうどうと書くのですが、かなもじはほそーーい筆を使って

ゆらゆらふわふわなんだか力を抜いたような感じで書くので

まだコツが全然つかめず、苦労しております。

 

なんでもそうですが、バランスですよね〜。

美しい文字も。

もう少し練習せねばですわ〜。

 

お茶のお稽古では、もう十数年やっているにもかかわらず

全然覚えてなくって、ほんとなさけない・・・。

でも、楽しくできているのでそれでいいかしら〜

なんて、自分に甘ーく考えたりして。

お茶では着物を着ていくのですが、着付けも習っていまして

これまた覚えの悪いことで・・・。

なんもかも、いっちょまえにできない自分がもどかしくって・・・。

 

でも、誰かを傷つけたり迷惑かけたりしているわけではないので、

そこのところは、自分の問題なので、ちょっと多めに見てやっております。

 

楽しく続けりゃぁいつかはなんとかなるさっ!!

 

ってのが、私の流儀になりつつある今日この頃なのでした〜。

 

 

 

福森道歩

本日は快晴なり!!

 

おはようございます。

 

秋晴れ!!ってまさに!という感じのお天気でございますね〜。

気持ちの良い朝です。

 

 

そう、気持ちの良い朝なのに・・・・

新聞の占い欄を読んでしまって・・・・

 

ちょっとブルーになりましたわ〜

目に入っちゃいましてね。

なんやか、金銭面で苦労するだとかさぁ・・・

会社を切り盛りしている人にとっちゃぁ、この文言は

ほんに、ぐさーーーっと突き刺さりますわ〜。

トラブルだとかも・・・。

 

 

や、こりゃいかん!!

気を取り直して、今日は今から学校教育で

将来を担う若者たちに陶芸の面白さをお伝えせねば!

 

いろいろな不安要素は考えだしたらキリがないくらい

ありますが、起こってもないことにいちいちくよくよしてたって

何もはじまらないじゃありませんか、ね〜ほんと。

 

この気持ちの良い天気、2,3日後にはキノコがわんさか!!

っていう、ええことを想像して、今日も一日張り切ってまいりましょう〜。

 

 

 

福森道歩

ちょっとーーーー!!

 

朝から暑いですやーーーん!!

 

昨日も35度超えてましたよ、本当にどうなってるのよ。

10日ほど前は涼しくって、あれ?このまま秋になるのかしら??

 

なぁんて思ったら大間違い。

きっついのがやたら停滞していて、気温を押し上げているようですね。

 

こう暑いと、意識が朦朧としてきて、息をするのもしんどくなってきますわ。

 

 

でも、この暑さを利用しない手はない!

ってなことで、粘土の原土をひたすら干しては乾かし

干しては乾かしをしております。

しかーし、ここでも気まぐれ天気がわたしの邪魔をしまして、

全く予期していなかったゲリラ豪雨がやってきたりするんですよ〜。

 

せーーーっかく乾かした粘土が、またまた元に戻っちゃう・・・。

 

なぜ乾かすのかって??

乾かさないと粉砕できないからなのです〜。

そのまま水につけてもダメなんですね〜。

 

今日もまた、お天道様のご機嫌を伺いながら

お仕事励みたいと思います〜。

 

 

 

 

福森道歩

昨日、とある地方の窯元さんが見学に来られましてね

 

自分のところの地域でも土鍋を作りたいので、教えを請いにきました。

 

というのです。

 

 

自分のところで採れる土と、ペタライトという熱膨張係数の極めて低い

鉱物をブレンドして、手引き轆轤で引いて、薪窯で焼く

 

そうなのですが、割れないはずの鍋が割れるのだと、どうしたらよいかと

 

これ、私たちに聞きます??

 

私たちは何百年もこの土地で耐火度の強い土が出た、この土地で土鍋作りを

しているわけですよ。

それを、昨日今日さあ土鍋でも作るか、って方にお教えするって、

人が良いにもほどがあるんじゃない??

 

でもね、ええ、お教えしましたとも。ここがダメなんじゃないか?とか。

 

なぜって?そうね、プライド?とか?そんなものなのか、どうなのかわからないけれども

うーーー、困ってらしたのを放って置けなかったのかな〜。

 

 

私も他の地域の焼き物で素敵だと思うものはやはりマネしたいし、作ってみたいと

思うので、勉強するし、見様見真似でもやってみようと思いますよ。

 

でも、答えだけもらうっていうのはそれは違うのではないかと。

出来上がったとしても、それはまったく違うものだという自負もあってか

教えたのだと思うんですよね。

 

 

歴史のあるその土地その土地の魅力あるものつくりをしていれば

ちゃんとわかってくださる人は、買ってくださるし使ってくださる。

 

 

それだけを心に、日々、ものつくりをしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

福森道歩


土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other