この世にまっこと恐ろしきこと

 

それは  地震

 

 

 

先ほど大きな地震がありました。

震源地は大阪のようですが、伊賀でも大変揺れました。

縦揺れで、揺れはすぐに収まりましたが

やはり、恐怖に耐えません。

 

次女のねーちゃんが、大阪に住んでいますので

すぐにLINEで連絡を取り合いまして、無事を確認したのですが

長女以外の下三人は、昔神戸で同居生活をしておりまして

その下宿先で、阪神淡路大震災を経験しております。

 

大変な恐ろしい目にあった、今回の地震でまたその悪夢を

思い起こさせてくれました。

 

自然災害なので、致し方ないことは事実ですが、やはり備えあれば患いなし

ということわざにもあるように、常日頃から、準備は大事ですね。

 

そういうても、三日もたてばまた、忘れて普段の生活に戻るわけで・・・。

 

今週は、本の撮影ラストスパート!!

別の意味で震えております・・・(レシピがまだできていない・・・・)

 

 

この一週間もしっかり乗り切るぞ!!

 

 

 

 

福森道歩

 

ポルトガルでおいしかったのが、魚介類

 

なかでも、あ、あれはスペインで食べたのかな??

 

クモガニという蟹はそれはそれはたいそう美味しかったです。

青森で食べた、クリガニという蟹をもっと大きくしたような

ずんぐりむっくりな蟹で、足はタカアシガニのような、とっても頑丈で分厚い

殻でした。

この、足の付け根のところの筋肉、身が甘くて柔らかくて本当に美味しかったなぁ〜( ^)o(^ )

 

あとは、亀の手や、ツブガイ、小さな貝、エビ、もう何でもおいしかった!!

 

 

ポルトガル料理は、味がはっきりしている料理が多かったです。

塩味が利いてました。

私には少し、辛いな〜、っていうのもありましたが、中には薄味のものがあって

それと食べるとちょうどいい感じになって、あと、レモンなんかを大量に入れて

食べるのも、すごくおいしかったです〜。

レモンももの凄くすっぱいものではなく、爽やかな酸味なので、お料理にも合って

重宝しました。

ピリピリっていうかわいい名前の、辛い調味料もあって(ラー油みたいなもの)

それもとても美味しかったな〜。

 

携帯の写真を見ても、料理の写真ばかり(笑)

あっという間の一週間だったな、と思い出を反芻して楽しんでおります。

 

まだすこーし時差ボケがあって、日中眠いのですが、週末はちょっとゆっくりと

したいなと思っております〜。

 

 

 

福森道歩

いやはや、随分とご無沙汰をしてしまいました。

 

申し訳ございません!!

 

 

5日から12日まで、ポルトガルに旅行に行ってきました。

初めてのポルトガル。

すごくよかったです!!

美味しいもの沢山!

特に魚介がもう美味しくって♥(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

景色も見たことのない、本当に夢じゃないか??

っていうところに連れてもらったり、レンタカーを借りて

スペインにまで足を延ばしたりして。

 

とても充実した休暇を頂きました。

 

さてさて、帰ってきてまたエンジン全開でやっていきますよ〜!!

見て聞いて、触れたもの、感じたことが、私に変化をもたらしてくれる

 

一回り?(太ったわけではございません!!)大きくなったかな?

 

乞うご期待!!

 

 

 

 

福森道歩

いよいよ梅雨入り目前ですね〜。

 

しかし今日は良い天気☀

気持ちの良い朝でございます。

 

 

昨日はまだ窯の温度が80度くらいあるなか、

窯出しをいたしまして、もんのすごい汗が吹き出しました。

お陰でビールのうまいことよ〜。

 

出てきたものは????

 

 

 

今回、もの同士がくっついてしまうアクシデントが

ちょこちょこありましたが、釉薬ものが見事に取れまして

ほっと一安心。

頼まれていました茶碗も、良い感じに焼きあがりました。

 

出てくるまでわからないので、毎回ドキドキでございます。

次回焚くときはこうしようああしよう、といろいろ考えてやるのですが

そうそううまくいってくれるものでもなく・・・。

 

でもやはり、数をやっているうちにだんだんとわかることも増えてきます。

思い通りにいかなくても、思いもよらないものが出ることも

それもまた、焼き物の面白さであります。

 

 

使ってもらえることが、やはり一番のやっていることの醍醐味であります。

みなさんに毎日使ってもらえるようなうつわを作っていけたらと。

これからも精進してまいります〜!!

 

 

 

福森道歩

日曜日は早起きをしまして

皆さんをお連れして、京丹後へ

 

天橋立をご覧頂こうと、車で向かいまして

京都市内から約1時間半くらい高速を走ると

あっという間に、天橋立へ。

 

道路から、あの松並木が見えてきましたので

 

 

皆様〜 ほら、天橋立見えてきましたよ〜

 

って教えてあげましたら、

 

え??どこ??どこにあるの???

 

 

という返事。

 

なんで?あんな立派な松並木がずーーーーーっと続いてるのになぜわからない?

 

と思い、松並木のまずは先っぽのほうにお連れして、しばし松林を散策しまして

そのあと、今度は根本のほう?と言っていいのか、まぁ栄えている方ですな、

そちらに行きまして、知恵の輪の灯篭をぐるっと回ったり

廻旋橋という、真ん中がくるっと回る橋を見たり、

一通り観光なるものをしまして、ボートに乗ろう!

となりまして、ボートを待っていると

どうも、話があわないんですよね。その方と。

「あれが天橋立だったんだ〜」とか

なんとなしにはなしてて、「?????」と思うふしがあったので

 

「この私たちの眼前に広がるずーーーっと続いている松並木が

 

 天橋立  ですよ?知ってはりますよね??」

 

と言うと、「えーーーーー!!!あの回った橋が、天橋立だとおもってたーーー!!」

 

と爆弾発言!!!

 

 

あたしゃびっくりして、思わず 「なんでやねーーーーーん!!」

て、マジツッコミしてしまいましたよ。

 

天橋立を世界遺産に!! って大きな垂れ幕を町中に掲げているのに

それが、あの10mほどの回る橋やなんて・・・・・。

 

いくらなんでも、無理があるだろう・・・・。

 

 

大爆笑でございました。

 

でも、東京の方4人お連れして、行ったことのある一人を除いて

3人の方が、本当に廻旋橋を天橋立と思っていたという驚愕の事実・・・・。

 

あちらビックリされたでしょうが、こっちもかなりビックリしましたよ!

 

 

挙句の果てに、せっかくボートに乗って、天橋立をぐるーーり見て回っているのに

天橋立に背を向けて、普通の山々を見て写真とか撮ってはるんですよ・・・(;´д`)トホホ

 

人の話、聞いてました??

天橋立、こっち!!

 

と、目上の方でしたが、素でマジツッコミしてしまいました。

 

さらに帰ってきて、知恵の輪の灯篭を、股くぐりと勘違いしてはったことも

判明・・・・。

 

 

面白い旅になりましたとさ。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

福森道歩


土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other