3日間行われました 光象展 が無事に終わりました。

 

 

作家の多くが、無観客展覧会!?(笑)を想像しておりましたが

想像を超えて、とても多くのお客様に来ていただき、

ご観覧いただけましたこと、本当に有り難く、

ここに深く御礼申し上げます。

 

 

来てくださった方のほとんどが、お褒めの言葉を頂くのですが

ある方がおっしゃいました。

 

 

だいたいの人は褒めるやろ?

褒めといたらなんとかなるからな。

でもな、褒め殺し っていうやろ?

なんにもならんのや、本人には。

ちゃんと、ここはあかん、と言ってもらえるように

ならんとあかん。

そうせな、成長なんかない。

 

 

と。

成長してほしいと願うのであれば、そのように伝えなければ

伝わらないのはわかっているのですが、言う方もそれが本当に正しいかどうか

本質を分かっているのか、責任をもてるのか

そのあたりで、おそらく伝えることをしないのではないかなと思うのです。(自分も含めて)

 

 

それでは、困る。

 

この会が、もっともっと本当の意味での ゆたかな会 にするために

皆が気づき、成長できる会でなければ意味がないなと。

 

 

次回、2021年11月

 

気が付いたものは成長できたものを持ってくるだろうし、

そのままのものはそのままだろうし。

 

 

 

次回を乞うご期待!!

 

 

 

 

福森道歩

Related Entry
Comment





   

土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other