今日は、お料理屋さんの女将さんと板長さんがきはると

父から聞いていたのですが、何時に何人で来るとか、

ぜーーんぜん、わからんちんで、たぶん、昼過ぎに来はるやろ〜

とかいうんですよね。

ほいで、山菜を採ってこいっていうもんで、採ってくるけど

いったい何時に何人来はるのか、今すぐ聞いてくれ!

っていうて、時間がわかったのが今朝8時。

 

「10時に来はるって。2人で」

 

 

おい!おいおいおいおいおーーーーーい!!

 

10時であと二時間ですがな・・・。

ひどすぎるやおへんか??

それは、人を迎えるのにはあまりにも時間がなさすぎ・・・・

 

ってな泣き言をいう時間さえ与えられず、

とりあえず山菜を採りに行って、9時過ぎに帰ってきて

支度して、お迎えできたのでございました。。。

 

はぁぁぁぁちーかーれーるーーーー!!

前もって時間と人数聞くなんて、あったりまえのはなし

ちゃいますのん??

 

山菜はまさに、 馳走 に化けまして

お二人の胃袋に収まったのでした。

 

良き知人のタケノコも届き、イタリアンに仕上げてお出しできましたとさ。

 

 

ご馳走って、まさにこーゆーこと!!??

 

 

喜んでいただけて良かったよかった。

 

 

 

 

福森道歩

土楽から見える毎年楽しみにしている さくら

 

今年も見事に咲いてくれました。

 

 

朝日に照らされつつあるさくらも見事

あ、ちょっとピンボケしてる・・・。

 

 

この桜たちもだいぶと年をとりまして、木にヤドリギや

コケなどがついてきて、すこしづつ弱ってきているのです・・・。

 

うちに来てくれている植木屋さんに相談をして、植樹をしようかとも

思っているのですが、小さい苗木を植えると、鹿が新芽を食べちゃうので

枯れちゃうんですよね・・・。

赤い鳥居も、さくらも、なくなっちゃったら寂しいだろうな〜。

 

守るこっとて本当に難しい。

 

当たり前の今が、そのうちそうでなくなって

写真をみては、あーだったよな〜、こ〜だったよな〜

あのころはよかったよな〜

なんてこと、話すんだろうな。

 

今だからできることを、やはりやらんとあきませんよね。

 

植樹、真剣に考えよう!!

 

 

 

とにかく、今年もきれいに咲いてくれてありがとう。

 

感謝なのでした。

 

 

 

 

福森道歩

今帰ってきました。

 

東京に昨日から出張で行っておりまして、

昨日は4件の用事を駆け足でこなしまして、

なんとも慌ただしい一日でありました。

 

お陰様で有意義な時間を過ごすことができ

少々お疲れはありますが、達成感に満ちとります!!

 

 

一件目は六本木ヒルズで開催中の酒のイベントに知り合いが出品と出店をしていたので

覗いてきまして、昼間っからお酒を少々ひっかけまして(笑)

二件目へと

今度は東京国立博物館での今日から始まる「茶の湯」の展覧会の内覧会に行ってきました。

すごーーーーーーーーーい人で、(*_*)びっくり!!

作品は人の間から覗き見るていどしか見えず、こりゃあかんわ・・・

ってなもんで、一時間ほど駆け足で見て、三件目の打ち合わせに

吉祥寺へ〜

ここではまた次の企画が持ち上がっておりまして、それをどうするか、

あーでもない、こーでもないと話しているうちに、時間がアっちゅう間に過ぎまして

4件目の用事に間に合わないっ!!

ってなことになって、本当に焦りましたが、優しい優しい方たちだったので

待ってくださって、何事もなく、温かくおいしいお料理をご馳走になったのでした。

 

4件目のおうちでも、器の打ち合わせをさせてもらって、試作品を見てもらい

OKをいただいたので、ホッとして今からそれらを作らなきゃなのでございました。

 

 

東京は魅力的な街、竜宮城のような街

 

家に戻ると時間がゆっくりになるような感じがして

ホッとします。

 

ま、それもつかの間の錯覚

 

現実を見れば、やらなきゃならないことばかり〜

 

 

やるっきゃないっしょ!!

いっちょやってきまっす!!

 

 

 

福森道歩

4月に入りまいた。

 

新しい年度の始まりです。

 

新入社員のみなさま、学生から社会人へ

おめでとうございます。

 

お金を払う側から頂く側へ〜。

大きな変化でございますよね。

 

 

私は一昨年、父から代を引き継ぎましてね、これが本当に大変で。

父が元気でやってくれているから良いものの、

これ、居なかったら大変なことだよな、とつくづく思うのです。

 

居てくれるから、今の自分がある

そう思っていても、では居なくなったらどうなるの・・・

そんな不安ばかりがよぎります。

 

汗って自分で何とかしたいともがいてる。

もがいているのを認めて褒めてほしいなどと、心のどこかで甘えてる。

 

そんな いま を生きています。

 

 

一年、一日、一時間、一秒・・・・

 

 

大切に・・・、そんなのわかってますよね。

 

もがいて苦しんで、時間が経って

 

それで見えてくるものがあることを信じて

前に進むことにします。

 

 

苦しいことから目を、精神を背けない

 

 

新しい門出、気持ちも新たに。

 

 

 

 

福森道歩

 

 

 

 

ほぼ日さんの 生活のたのしみ展

 

本当に凄かった!!

 

 

朝11時から夜8時まで。結構ハードでございました。

 

初日の金曜日は

 

 

10時くらいから人が集まり始め、直前にはこの状態!!

このありがたい方々は土楽のうつわを狙ってきてくださっているのですが

他のお店にもこのような人だかりができておりまして、それはそれは

スゴイ人数でございました。

 

 

ふぞろい食器や

 

 

 

土鍋など、いろいろと土楽の商品が並びました。

 

並んでくださったみなさまは、開場と同時に

わー――――――っと目星をつけた商品に駆けつけ、

しっかりとキープ!!

2枚目の写真の小物類は、一日目にしてほぼほぼ売れてしまいました。

嬉しい!!

 

もう、何や分からんくらいのひとひとひとでしたので、嵐の中で

もみくちゃになっている状態でした。

 

黒鍋なんかはおもたいのに、それを1時間半も持って並んでくださった

お客様は、レジの時にカードでお支払いをしようとしましたが

荷物の重みで手がしびれて、字が書けないと手を振るわせて必死に書いていらっしゃいました。

 

それでも荷物を受け取ると、本当に満足そうに笑顔で帰って行かれました。

そういった笑顔を3日間、ひっきりなしに拝見できたこと、

本当に幸せな時間でした。

 

途中、応援に駆けつけてくださった

樋口可南子さんにも感謝!!

 

 

そして、ずーーーーーっと搬入から搬出まで大変な仕事を手伝ってくださった

 

 

 

 

ほぼ日スタッフさんと、私の最強助っ人ねーーさんたち!!

(写ってない方で、他にもたくさんお手伝いいただきました!!)

 

 

本当にありがとうございました。

「チーム土楽」になりましたよね!!

 

 

 

こうして幕を閉じた3日間。

 

夢のような時間に感謝でございましたとさ。

 

 

おしまい。

 

 

 

福森道歩


土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other