はいは〜い。



兵馬俑(?)





のところはどうなったかといいますと。









こんなんなってまぁす。



断熱材をお布団のように掛けているんですねぇ。





明日の夜中にはこれを外してどえらいことになるのです!!





それはまた後日にお伝えしますね。



私の当番

本日23時から明日6時までがんばるぞ!!









               福森 道歩

今日はいい天気晴れ





昨日は雪降ったんですけどねたらーっ



さぁ窯焚きも2日目に入りましたよ〜



ただ今の窯の温度は??







190度くらいでしょうか。





今はまだガスで炙って湿気を抜いている状態ですね。



窯の前からとった写真カメラ





窯には屋号とおみきと榊、それに塩が祭られています。





てっぺんに刺さっているこれ





これで内部の温度を測っているのです。







昼からはいよいよ薪投入です。



その模様はまた明日。







               福森 道歩


はじめに。。。



これは発掘調査ではありません。









窯詰めです。



昨日、無事終了。



陶仏がきれいに並びました。



奥から順に



















完成!!





本日から火が入ります。



「あぶり」という行程です。





さてさてどうなりますやら・・・・









               福森 道歩










14日土曜日に窯開きがありました。







一週間たっていても、なかはまだ温かいのです。



すごい保温なのです。



中はこんな感じ







壷も入っています。







窯も何回か焼いているうちに、この窯の特性みたいなのが

つかめてきて、ここにおいたらこんな感じになるとか

わかるようになってきました。



土によってもだいぶ違う焼き上がりになるので、面白いものです。





今回わたしはほっそーーい花入れを何本か入れました。



いろいろな場所に置いたので、それぞれが違った焼き上がり。





どでしょうか??







来週はいよいよおとんの窯焚きです。



どうなる事やら・・・・・







                     福森 道歩

土曜日の窯焚き当番に行ってまいりました。



写真を撮ったつもりだったのですが、あまり撮ってなかった・・・





火入れをして5日目で温度は1250度を軽く超え、



順調な感じ。楽しい









熱くて近くで撮れなかった・・・ショック





アカマツの割木を燃料にするのですが、

これが燃えて灰になり、自然と器に乗っかるんですね。

それが溶けてあのビードロ釉になるのですが、

この見極めが難しい。。。



よく見ると、中の器が見えるのですが、

その器が光りだしてきて、ビードロが流れているのが

わかるんですね。



そんなこんなを判断して焼いていくのです。



で、普通は焼き終わったら蓋をして3日位で徐々に冷ますのですが、



今回、チョコっと引き出してみました。







徳利です。









引き出すと、ビードロが青っぽくなってきれいなのです。









そのまま窯の中で冷ますと、火色がでて、釉薬は緑っぽくなるのです。





私のは





一輪挿しの花入れです。





残りは窯の中。





来週出てきます。





楽しみてれちゃうてれちゃうてれちゃう















土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other