中学校のいじめで自殺した子どものニュースが毎日流れます。



学校や教育委員会や加害者達やその周りの人が、必死で守ろうとしているものは何なんでしょうか?





それを守ることが本当に、これから先にプラスになってくるのでしょうか?





亡くなられたお子さん、その親御さん、必死に本当のことを伝えた子どもたち。



この人たちの心境を考えたことがあるのでしょうか。







やったことに対して、必ず何かの形で自分達に返ってくる





今、逃れたとしてもそれが後にものすごい利子がついて返ってくるように思います。





加害者の親御さん、今、自分達の子供にしてしまった罪をしっかりと償わせないと、子どもたちが大きくなってからでは取り返しのつかない(すでにそうですが・・・)さらなる悲劇をうむだけではないでしょうか。







親が子を守る





守るということがどうゆうことなのか・・・・

やってしまった罪を償わないで逮捕されないようにする事が

子を まもる ことなのか??



日本の教育はどうなってしまっているのか・・・・



みんなみんな、自分の 今 を まもる ことで頭がいっぱい。





10年、20年、もっと先のことを考えいる人がいったいどれくらいいるのか・・・。







もういっそ一度全部だめになって一からやり直せばいいんだ





そんな声もよく聞きます。



そうかもしれない、そうかもしれないけれど、そこには



多くの悲しみがついてくるんだろうと思うと・・・・。







暗闇から出られないでいる感覚・・・。



でも、光を照らしてくれる人が必ず現れる。



自分はその光を見過ごさない目を持つこと。







そして、自分もその光を放つ人になりたい



そう願うのでした。。。













                    福森 道歩


甥っ子姪っ子たちが勢ぞろいしています楽しい



おっきくなったもんだぁ







私達が幼い頃、親戚のお兄ちゃんがよく遊んでくれたもんです。



トランプ・ドンジャラ・人生ゲーム・・・・



お兄ちゃん達の強さを見て、どうすれば勝てるか、この時はどうすればいいか、そんなことを必死で掴もうとしていた気がします。





今の子たちは・・・・



TVゲームには、おばちゃんたちは付いていけないだす・・・悲しい



年齢差を縮めることができない・・・



画面を見て、   「すごいねぇ〜」



と感心するくらいです。







自分達の時代にも ファミコン というやつが出始めたのですが

うちの家では買ってもらえず、そこまで欲しいと思ってなかったので

そのままできたのですが、それはそれでよかったかなと。







陶芸教室をしていても思うのですが、今の子供達



工夫 しない。



どうして楽しくしてやろう!!ってのが無い。

隣の子の見て、いいなぁ って真似をする。

自分はこんなことしてやろう!!ってチャレンジが無い・・・。





私なんかは、まどかさんと



 

「プロゴルファー猿」





というアニメを見て、山に入り、根っこの膨らんでいる木を探し、

掘り出して削ってクラブにするという、なんとも女の子の遊びとは到底思えない事をやっていたものです。



そんな中で、木々に触れ、ナイフの使い方を覚え、いろいろなことを学んでいった気がします。



























なぁんもない















そんな空間、時間を今の忙しすぎる子たちに与えられることができたら



毎日が生き生きと、本当に 生きる って事について実感できるんじゃないかなぁ







どんどん窮屈になる世の中。







子どもたちよ、こんな時代にしてしまった大人達を許しておくれ。。。













                福森 道歩

がむしゃらにやってきたら何かが開ける





そんなことを漠然と思いながら走ってきた気がします。





いろんなものが乗っかってくる歳になって



がむしゃらだけでは足りないんだって今頃思う。



今だから思えるのかな。







自分に足りないものを得る努力もしないで





イーーーーーーーー怒りってなってる。





時間だけが過ぎて行って、また焦って汗







守るものは知っている。



それを守るためにしなきゃいけない事。







少し立ち止まろうかなぁ。



後ろを振り返るのもいいかも。









春の空気をいっぱい吸って、大地からエネルギー

いただこう!!











                   福森 道歩


「きざみ」って言っても





「ねぎ」や「のり」のことではないのよ





ここでは、「時」または「分」









土日も刻んだ刻んだ・・・・撃沈





天候に左右される用事だったので、土曜日の天気ははっきり言って









め・い・わ・く!!ぶー









晴れるの?雨ふんの??どっちよ??どっち???

それによって、連絡を回さなきゃいけないのよ!!





ってお空にぼやいたってさっパクップシュー







日曜日、まずは早起きから。



6時半に出発



7時半に京都到着→お寺で奉仕



9時半お寺出発→京都駅→東京



12時半東京着→湯島



15時湯島発→ホテルオークラ(着物にチェーンジ)



17時結婚披露宴



20時半ホテルオークラ(洋服にチェーンジ)→東京駅



21時20分東京発最終→23時過京都到着





京都泊







本日 



5時50分起床京都発→7時伊賀着



8時ブログなど諸々お仕事



9時半伊賀発→京都



10時半 お料理教室



13時京都発→伊賀









こんな感じでぇす〜たらーっ





でも、なんせか私の尊敬する先輩(ちいちい)がこの何十倍のお働きをされるので、



同じ人間、やれないことはないはず!!



と、目標高くGO!やれることやるのです!!





新幹線の中、ちいちいと話していて、



「おなじもの」



を改めて実感して確認できて、すごく安心した。涙が出るくらい。





やってることは、間違いじゃない。







さぁ、一歩先へ





進みましょうかイヒヒ













               福森 道歩




過ごしやすくて気持ちがいい秋のひととき



楽しいことも多くて、充実しているなぁと



すごく思う。







のに







時折 不安 が頭の、そう、耳の後ろあたりからやってくる。







なんともいや〜な感覚。







未だに存在場所をさがしてるようです。









この 不安 の今のところの処方箋は





「ありがとう」





「おいしかった」 







なので、そう言ってもらえるように









やるべきことをやらねば なのです。











                    福森 道歩







土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other