おいしい と思う感覚っていったいなんなのかしら?

 

ふと、お風呂の中で考えてしまいました。

 

 

今年はいろいろな場所に伺いまして、その土地土地のものを

頂いたのですが、

 

おいしい!ってのは、いったい何が一番大きな要因なのか?

 

 

素材の味  そうだよね、でも素材の味を壊しちゃう料理もある。

空腹    最良の調味料と言われる、けど空腹だと味に結構敏感になっていて

      より、美味しさを求めてしまう気が・・・。

見た目   これも大事な事。見た目で2割くらい美味しくなったり、

      3割くらい美味しくなさそうだったりするね。

香り    これまたおいしいの重要な要素の一つ。

触感    意外な触感が、いままで味わったことのない刺激になって

      おいしい!と感じる。逆に砂なんかが入ったものなんかを

      食べたら、それはそれは気持ちが悪くって、歯が浮いたような感覚に

      なるね。

音     これも一要因。熱々のじゅわーーーなんて音、すごく食欲をそそりますもんね〜。

      で、逆はというと他人の食べる音で食欲落ちたりも・・・。くちゃくちゃずるずる…。

 

 

 

期待をしすぎてもダメなのかな、とも。

あまり期待をしていくと、アラさがしみたいになってしまって

え、こんなこと?! え??これでええん??

みたいな、上から目線になったりして。

 

 

う〜〜〜ん、とにかく おいしい はむずかしい!!

 

自分勝手で気まぐれなこの おいしい 

 

自分のお料理は、おいしい ともちろん言っていただきたいのにね〜

ああ、勝手なやっちゃ!!

贅沢なんだね、これは。

 

おいしいをいっぱい聞くために、これからも おいしい を

いっぱい経験するのだ!!

 

 

 

福森道歩

 

 

振り返ればよく働いたもんだ・・・。

 

肩の荷

 

ってのを、自分でいっぱい載せてしまって

本当に、本当に苦しくて、寝られない時もありましたが

ようやくここにきて、肩の荷があと1個になりました。

 

自分で載せておいて・・・。

 

わたし、プレッシャーにかなり弱くて、

みんなは  

 

え〜そんな風に見えないよ〜

全然余裕でやってやっているように見えるよ〜

 

なんて言われるんですけれど

イベントの前には、本当に緊張で寝られなかったり

胃が痛くなったりしてるんですよね〜これが。。。

 

結局自信がないからってことなんでしょうね。

自信て、どうやったら付くんだろう。。。

 

これだ!!ってものに行きつくまで

走り続けるしかないのでしょうね〜。

 

キノコ狩りでは見つけることが出来たんだけどな〜(笑)

 

本職でも見つけられるよう、精進あるのみ!ですな。

 

 

さぁ、今日もその一歩を踏み出すとしましょう!!

 

 

 

福森道歩

 

 

いよいよ12月に入りましたね〜。

 

2016年最後の月

 

振り返れば、 忙しい  しかなかったような・・・。

本当に  あっ  ちゅうまに過ぎてしまいました。

いーーーっぱいいろいろなところに行きました。

あ、今週来週も行くんですけどね。

 

大変なこともあったけど、なんとか今のところはやりこなしています。

ああ、そのことは、自分を褒めてあげよう。

 

来年の展望も少しずつ見えてきまして、

時間というやつは、いくらあっても足りないなぁ〜。

そう思うのでした。

 

来年の私のスローガンは

 

経験をかたちにかえる!!

 

これですな!!

や、変わるかもしれませんがね。

 

 

取り合えず、一歩ずつ、明確な足跡を残して。

 

やったるでーーーー!!

 

 

 

福森道歩

 

 

おのまち α

 

日曜日お待ちしております〜!!

11月最後の日でございますよ〜

 

本日、まどかさんは九州旅行のため、ブログを休んでおりまーす。

 

 

明日から12月

 

 

師走だ!師でなくても 走るっ!はしる!!

 

 

 

 

代打

福森道歩

土曜日は名古屋の八勝館で行われました

記念茶会に行ってまいりました。

 

薄茶席で釜をかけられる方から、数茶碗のご依頼を一年以上前にお願いをしていただき

ようやく先週出来上がったものを持参(あ、私が出張のため、両親に頼むという

なんとも、ずるいやり方・・・とほほ)

しまして、ぎりっぎり間に合ったお茶碗。

そのお茶碗をみなさまがお使いになられて、どのような感想をお持ちになられたか・・・。

はらはらドキドキを胸に、行ってきました。

 

もの凄い茶会でありまして、わたし、何を思ってあの時引き受けてしまったのだろうか・・・。

今になって後悔、後ずさりしてしまうような、そんな感覚を玄関前でいたしました。

 

ひとりでしたが、先に来られていた東京のおばさまが大変親切にご一緒していただきまして

まずは、濃茶席へと進みましたところ、最後に入ってこられたお正客が、なんと

私が習っております流派のお家元若宗匠でございまして、

 

!!!!!

 

もうびっくりでございました。

さらに緊張が高まり、薄茶席ではご亭主がわたしを皆様にご紹介されるという

何とも光栄でありながらも、さらなる緊張を高め、皆様の視線が集まり、

主茶碗や次客三客のお茶碗に、江戸の黒織部、河井寛次郎、当代楽吉左エ門

と続く中、私の茶碗が出てくるわけですよ!!

 

や、もう、こりゃぁ、公開処刑 ともいえる状況・・・。

 

そらね、皆様ええ人ばっかりですさかい、お褒めの言葉を頂戴いたしましたよ。

でもね、わかっているんです、わたしがどんなにどんなに至らないか・・・。

 

 

この良き機会を与えてくださったご亭主、お言葉をくださったみなさま

本当にありがとうございました。

 

 

まだまだ!!やるべきことがたくさん。

見つけ、追い、やっていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

福森道歩


土楽公式ページ

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Link

Other